・諏訪耕志プロフィール   ・諏訪千晴プロフィール
 

■ 諏訪耕志 プロフィール


1964年大阪市出身。関西学院大学商学部卒業。
大阪全日空ホテルANAシェラトンにて勤務ののち、
アフリカ大陸にて一年間旅をする。

1994年よりルードルフ・シュタイナーハウスにて
言語造形家鈴木一博氏に師事。

2004年より「ことばの家」として
関西を中心に自身の活動を始める。
言語造形の舞台、ワークショップ、
シュタイナーのアントロポゾフィー講義、
大人と子どものための演劇塾などを通して活動中。

● blog 『断想・・日本の精神に學びつつ・・』





■ これまでの主な公演作品

「山の神と乙姫さん」(日本昔話)

「白雪姫」 「赤ずきん」 「星の銀貨」など (グリム童話)

「虔十公園林」 「雁の童子」
「座敷童子のはなし」など (宮澤賢治)

「高瀬舟」(森鴎外)

「十三夜」 「わかれ道」(樋口一葉)

「名人伝」(中島敦)

「かえる」(オムニバス 草野心平)

「東西南北個人個人」(オムニバス 方言詩)

「モモ」(ミヒャエル・エンデ)

「月の物語」(フランス民話、ギリシャ神話から)

その他、昔話・童話を子ども達に向けて語る「おはなし会」。



■ 諏訪千晴 プロフィール


1978年神奈川県出身。
会社勤めを経験の後、シュタイナー学校の教師を目指して、
2003年に北海道「ひびきの村」へ。
ことばの芸術・言語造形と出会う。
翌年には大阪にて諏訪耕志とともに
「ことばの家」を立ち上げ、言語造形の舞台にも
意欲的に取り組んでいる。

趣味は、木登り、巣作り、庭いじり、文通。
体を使うこと、ことばを綴ること。

● blog 『自由に生きること』





■ これまでの主な公演作品


「竜と詩人」「めくらぶだうと虹」
「手紙 2 〜娼婦ビンツマティー物語〜」(宮澤賢治)

「青いスミレ」(ルドルフ・シュタイナー)

「十三夜」(樋口一葉) 

「はなたれ小僧様」 「つぶ長者」
「大歳の焚き火」(日本昔話)

「那須与一」(平家物語)

「兎の花嫁」 「変な旅芸人」(グリム童話)

「夕鶴」(木下順二)

「藪の中」(芥川龍之介) など

CONTENTS


「ことばの家」では、言語造形によってことばをいきいきと語ることを学ぶ講座・ワークショップを、関西(大阪)を中心に、さまざまな場所で開催しています。また語り・お芝居の舞台もひとつひとつ丁寧に創っています。