言語造形とは


朗読術・言語造形。
それは、旧オーストリア=ハンガリー出身の精神科学者
ルードルフ・シュタイナー(1861〜1925)による
アントロポゾフィー(人間学)から汲み出されました。

言語造形とは、
ことばの本来的な要素であるかたち、動き、間合いなどを、
人間に相応しく、我が身をもって、
意識的に創造していこうとする、言語芸術です。

ことばの音韻ひとつひとつの響き、息使いの強弱・間合い、
みずからのからだのありよう、
それらに意識の光を当てつつ、ことばを発する。
その時、みずからのからだはひとつの楽器であり、
ことばを話すこと、語ることが、芸術になりえます。

演奏家が一音一音の音符を奏でるように、
言語造形家はことばを語りながら、作品を創造していきます。
文字に書かれたことばが、言語造形家によって、
生きた響きとなって立ち上がってきます。


 


また、その「ことばを話す術・語る術」に取り組む時、
人は必然的に、
「わたしという人間」に取り組むことになります。
なぜなら、ことばは本来、「わたし」が話すものであり、
語るものだからです。

いきいきとした人から、
いきいきとしたことばが発せられます。

その人の生命が、こころが、精神が、ことばに満ちる時、
ことばはことば本来の輝きを取り戻します。
人が人本来の輝きを取り戻します。


ことばを話すこと、語ること。
そのことの奥深さは、やはり底知れません。


 

CONTENTS


「ことばの家」では、言語造形によってことばをいきいきと語ることを学ぶ講座・ワークショップを、関西(大阪)を中心に、さまざまな場所で開催しています。また語り・お芝居の舞台もひとつひとつ丁寧に創っています。