『和歌(うた)を学ぶ会』

 

ことばをたいせつにする。

わたしたちの国語を育んでいく。

さうして、日本語に美と格と律をもたらしていく。

そのために、和歌を学ぶ。

やまとことばで綴られる和歌を学ぶ。

現代の日常生活を写し取る
自然主義的なものではなく、古典に学ぶ。

この世から離れた唯美の世界、
こころの世に入つていく。

さうすることで、
ことばの美を、言霊の風雅(みやび)を、
理屈からではなく、自分自身の身で体得していく。

萬葉集から始めてみる。

我が国、最古の詩歌集「萬葉集」。

そこには、ことばの芸術の粋が極められてゐる。

そこには、日本人のこころの粋が極められてゐる。

日本語の学び、ことばの学び、和歌の学び。

「ことばの家 諏訪」では、この春から
月に一度の『和歌を学ぶ会』をはじめます。

諏訪耕志による解説を交えながら、
言語造形を通して全身で歌ひながら、
萬葉集の和歌をひとつひとつ味はつていきませう。

それは、
ことばの学びでありつつ、日本の歴史の学びであり、
日本の精神、大和魂を想ひ起こす学びなのです。

ともに和歌の学びを始めていきませんか。
どうぞいらしてください。

-  

『 和歌(うた)を学ぶ会 』  

2018年4月スタート!

日時:  第四水曜日 午前10時より12時半

場所:  ことばの家 諏訪

参加費: 単発 4000円
四回連続 14000円

お問ひ合はせ・お申込み: ことばの家 諏訪